FX(外国為替証拠金取引)の初心者講座Top >  FX初心者の基礎 >  FX取引の証拠金とは

<おすすめ>

国内初の為替取引手数料完全無料! FXOnline

FX取引の証拠金とは

FX取引では、初めに証拠金をFX取引業者に預けることで取引が開始されます。

外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でやるのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引をします。
証拠金の額としては、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場みたいです。

この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が出来ることになります。

レバレッジの倍率は業者によって違いますが、最高の200倍で見てみると、10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引が出来るというわけです。

これがFXの魅力でもあるのですが、FX初心者の方は、高いレバレッジをかけてしまうと、リスクも高くなってしますので、最初は10倍程度の低いレバレッジでやってみて、FX取引の感覚をつかむことから始めるといいでしょう。

慣れてきて、FX初心者を卒業する頃になったら、レバレッジの率を上げてやれば、いいと思います。あせらずにやっていきましょう。

この仕組みというのは、一般的に為替レートの変動率が小さく、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲けるには相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないためにあり、すべての資金を自己資金でまかなうならば、FXを始められる人はかなり減るでしょう。

それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預けて、レバレッジをかけることによって、FX初心者が参入しやすくしているのです。


<おすすめ>

関連エントリー

FX(外国為替証拠金取引)の初心者講座Top >  FX初心者の基礎 >  FX取引の証拠金とは

Google