FX(外国為替証拠金取引)の初心者講座Top >  FX初心者の基礎 >  FX取引のコストと税金

<おすすめ>

国内初の為替取引手数料完全無料! FXOnline

FX取引のコストと税金

FX取引で利益が出ても、その利益がすべてを自分のものになるわけではありません。FX取引会社に支払う手数料、スプレッド、税金などがあります。

まずは、手数料についてですが、会社によって異なりますが、例えば1ドルの片道(売りまたは買いのどちらか)で0.02円〜0.4円といった感じです。1万ドルを売ったら、おおむね200円〜2000円程度ということになります。

外貨預金の場合には、同じ外貨取引でも、1ドルにつき片道1円くらいなので、1万ドルを売った場合には、1万円となりますから、それに比べたらFXは非常に安いということになります。

これについては、FXが短期売買を繰り返すことが多いので、低くなっているわけですが、安いといっても、頻繁に細かい短期売買を繰り返していると、差益の割りに、コストばかりがかかって、長期的にはそれほど儲かっていないということにもなりかねません。

それから、為替相場と実際に取引をする際の価格との差であるスプレッドというものがあります。例えば、ドル円(USD/JPY)で売値115.05ー買値115.08となっていれば、売る場合に0.5円、買う場合に0.8円のスプレッドがかかっているというわけです。

このスプレッドについても業者によって違いますので、手数料とスプレッドの合計額が取引の際のコストです。FX初心者は必ずチェックしてくださいね。

最後に税金ですが、
預金においても利子に税金がかかることからもわかるとおり、FXで得たキャピタルゲインやインカムゲインは課税の対象となります。
雑所得という扱いになりますので、総計が20万円を超えると確定申告が必要となります。また、被扶養者扱いになっている主婦がFXで50万円以上の利益を出すと、扶養からはずれます。

以上が、FX初心者が把握すべきコスト、税金をまとめてみました。

<おすすめ>

関連エントリー

FX(外国為替証拠金取引)の初心者講座Top >  FX初心者の基礎 >  FX取引のコストと税金

Google