FX(外国為替証拠金取引)の初心者講座Top >  FX初心者の基礎 >  リスク管理(マージンコール、ロスカット)ついて

<おすすめ>

国内初の為替取引手数料完全無料! FXOnline

リスク管理(マージンコール、ロスカット)ついて

FXも金融商品の一部であり、元本保証型の商品でないので、当然損失を出すリスクはあります。

レバレッジを基本として売り買いを行うFXには、「マージンコール」と「ロスカット」という二つのリスク管理手続きがあります。
若干ややこしいのですが、FX初心者にも理解できるように、説明してみます。

まずは、マージンコールですが、保証金の50%を超す損金が発生した時、その時点で決済するか、追加保証金を求める制度です。
例えば、10万円の証拠金で20倍200万円のレバレッジで取引を行っている場合、1ドル105円(105万円)で買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、含み損は5万円ですから、証拠金の5割です。

この場合には、FX業者はドルを売って決済し、損益を確定させるか、あるいは証拠金の追加を求めてます。これがマージンコールです。

レバレッジの比率が高くなれば、当然、わずかな相場変動でマージンコールがかかる仕組みになってしまいますので、FX初心者は注意してくださいね。

「ロスカット」についてなのですが、これは、つまり「損切り」のことです。
ロスカットは、証拠金の20〜30%(取引業者によって違う)になると、持っている通貨の一部やすべてを決済してしまうことです。

マージンコールは、証拠金を拠出することで解除できるのに対して、ロスカットは強制的に決済させられてしまします。

ロスカットもマージンコールも、損失が出た場合、その損失を証拠金以内の最小限に抑えるためのものなので、FX初心者が少額の資金で始めたFXで大損失を出しても、実際の損失負担は、証拠金の範囲内になるというわけです。


<おすすめ>

関連エントリー

FX(外国為替証拠金取引)の初心者講座Top >  FX初心者の基礎 >  リスク管理(マージンコール、ロスカット)ついて

Google